不動産の売却は難しい

不動産売却は金額設定が難しいです。不動産はまったく同じ建物というのがありません。また、不動産が立っている周りの環境によっても金額が変わってきます。 - 流れを把握すれば困難さが解消される

流れを把握すれば困難さが解消される

不動産売却は難しいですので、基本的な流れは知っておきましょう。その流れの途中で売主がするべきこともあります。基本は不動産会社が買主を見つけて成立させるために、その選定がとても重要であり、そこに力を入れるのが売主にとって大切なことです。だからこそ流れを知っておきましょう。

不動産売却の流れ

査定から入ります。大手や地域の不動産会社に依頼するのも良いですが、大きな金額の差が生まれる可能性がありますので、幅広い会社に依頼をしましょう。一括で査定を申し入れることもできる企業があり、それを利用すると効率よく査定額の資料が入ります。そこで気に入った不動産会社と仲介契約に入ります。ここからが本格的な不動産売却です。
物件の瑕疵などを申し出て売買契約を締結し、所有権移転登記と引き渡しを経て売却金額を得られます。基本的な流れになりますが、特に仲介契約こそが売主にとって局面になります。慎重に不動産会社を選びたいところです。

仲介契約の種類

仲介契約といっても種類があり、一般や専任、専属専任など種類があります。不動産の情報を管理するネットワークに登録する義務があるのが、専任から専属専任の仲介契約です。多くの不動産会社の目に触れることから、登録しておいた方がよいですので、できれば一般仲介契約よりも、それ以上の契約を締結しておいた方が良いでしょう。売却価格が上がる要素は、人目に触れた数の多さになることを忘れてはいけません。

仲介契約まで全力を

売主にできることはこの仲介契約までになることがほとんどです。売却価格は仲介契約をした不動産会社に委ねられることから、慎重に契約を進める必要があります。惰性で不動産会社を選ぶようなことがないようにしてください。

関連する記事

Copyright(C)2017不動産の売却は難しいAll Rights Reserved.