不動産の売却は難しい

不動産売却は金額設定が難しいです。不動産はまったく同じ建物というのがありません。また、不動産が立っている周りの環境によっても金額が変わってきます。 - タイミングは特に難しい

タイミングは特に難しい

物件を売却するタイミングは特に難しいと言えます。ローン返済のためや、事情があって引っ越しをするとき以外であれば、なるたけ売却価格を上げて売りたいと考えるのは当然です。そのタイミングが特に難しいのが不動産売却になります。

売却価格はいろんな要因が絡む

売却価格を上げる合理的な方法はありません。地価が上がったり、立地条件が良いと判断されるプラス要因が加わると上がることもあります。その場合は寝かせておいてその時を見計らい、売却に踏み込むがセオリーです。ただし価値が下がることも多いです。日本は治安は良いですが災害が起きやすいです。水害や地震などでマイナス要因が加わると、直接影響を受けるのが不動産になります。
将来上がると予想されている不動産であっても、災害などの要因が加わるとどうしようもなく落ちてしまいます。それゆえにタイミングが特に難しいです。時期を見計らっていると、いま売っていたほうが良かったということも多々あります。

最終的には不動産会社との兼ね合い

最終的な判断は不動産会社と行うことになります。買主候補の事情もありますので、こちらが希望通りの価格にならないこともあります。かといってその後、価格が上がるなんて誰にもわかりません。その判断をするには、やはり仲介役である不動産会社の器量になります。積極的にアドバイスを求めてください。売却の成功は不動産会社がカギを握っています。

納得して売ろう

納得して売ることが大切です。その後価値が上がると判断しているのであれば、担当者にそれを掛け合ってください。優秀な担当者であれば、そのタイミングを見計らってくれます。ただひとつだけ言えることは、誰にもその価値がどうなるのかなんてわかりません。だからこそ売却タイミングが非常に難しいです。

関連する記事

Copyright(C)2017不動産の売却は難しいAll Rights Reserved.