不動産の売却は難しい

不動産売却は金額設定が難しいです。不動産はまったく同じ建物というのがありません。また、不動産が立っている周りの環境によっても金額が変わってきます。 - 良い不動産会社に出会うのも困難

良い不動産会社に出会うのも困難

不動産売却の成功は、良き不動産会社を選ぶことです。仲介をする役割を果たすのが不動産会社であり、それを選ぶのは売主になりますので、満足できない売却が行われたのであれば、その責任は所有者になります。不動産会社を選ぶことから、成功への売却レースは始まっています。

それを選ぶのが難しい

その良き不動産会社を選ぶことが何よりも大変です。それこそが不動産売却でもっとも難しいと言われています。どこでも良いわけではなく、かといって大手だから安心できるわけではありません。ただ選ぶべき指標になるものもあります。それは査定です。
不動産売却は査定から始まりますので、そこで高い価格を提示してくれた会社に依頼するのも良い選択です。ただしあくまでも査定になりますので、その通りになるとは限りません。そこにこそ不動産会社の質が問われることになります。

総体的に選ぼう

査定額が良かったとしても、最終的は買主の意向も反映されますので、落ちることも考えられます。それを限りなく少なくするのが不動産会社の仲介役としての役割です。不動産会社には得意な物件があります。もちろん売却予定の物件もそれに該当している方が良いでしょう。また年間の取引件数が多ければ、それだけやり手になります。そのようなことも考慮して不動産会社を選んでください。査定額だけに惑わされないようにすることが大切です。

乗り換えもできる

最悪乗り換えもできることを知っておきましょう。仲介は3か月がリミットになりますが、それを迎えるまでに契約を破棄することもできます。ただそうすると売却するのが遅れることになるでしょう。そうならないためにも、その業者と心中する覚悟をもって不動産売却に挑んでください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017不動産の売却は難しいAll Rights Reserved.